忍者ブログ
焼き物と盆栽
焼き物と盆栽のブログです。


2013/03/08
「老兵を酷使する」

五右衛門の窯を取り出す時に破損したソーラー温水器のパイプをアロンアルファーという離れ業で
パイプの接続も終わらせてしまいこれで温水の取り込みはOK
この温水器も設置してから50年は経っている代物で
製造メーカーは積水で流石のメイドインジャパン
こんな老朽温水器でも3月~10月の期間は何とか温水を
届けてくれます

PR

Comments(0) | 工作時間
2013/03/06
「持ち手付き棚場」


この冬はたて続きに家の造作で
いつもと違った脳の回路使ったので疲労感と充実感に浸ってます

今回作った棚場は両端に持ち手を残しましたこれなら二人で
簡単に移動が可能です
以前に軒先に置いていたら春の雪が落ちてきて棚を直撃された苦い経験からです
何せ日当たりの良い場所を占領するのですから気を使います
盆栽を家族からの理解を得るためにはお勧めです。





Comments(0) | 工作時間
2013/02/26
「重い腰を上げれば」

何年も前から腰の上らなかった雨どいの交換が出来ました

買い置きの物や貰ってきたお古をつなぎ合わせての完成ですが
何せパーツのサイズが多少違いますからつなぎ目の問題があります
最初は市販のつなぎ手を工夫して使っていましたが途中から子供に針金を渡されて
思い出しましたつなぎ目を針金で括ってしまう
大まかな素人大工ですがこの方法に切り替えたとたんに
あっという間に終わってしまいました
この事に悩んでいた数年間は何だったのだろう
今、雨が待っていたように降り出しました
まだ、アルミサッシの取り付けや堀起こした水道工事の後始末と大工仕事は残ってます


Comments(0) | 工作時間
2013/02/24
「軸物を選ぶ目が有るか」

お茶席の亭主はお花を生け軸物を選びますこれは大変な仕事です
目利きで無いとむつかしいと思ってます

盆栽展に行った時に思うのは少し疑問に思う軸物が掛かってる時があります
途中で力尽きたかと思ってしまいます
私も軸物を選ぶ自信はありません
しかしこの事はあまり皆も触れないでおいておきましょうか
ハードルを高くするとますます盆栽人口減少に拍車掛ける事になるようで

ところでテレビで「鑑定団」を見ているとに日本画に関しては
嫁さんはかなりの確立で真贋を当てます
だてに友禅の住み込み弟子という厳しい世界には居なかったようです
骨董の世界では業者間では騙される奴が悪いらしいです
またその方は中国陶器には手を出さないとも言ってました
価格が上昇するとあっという間にその真物が
あちらこちらから登場して値崩れを起こすそうです





Comments(0) | 工作時間
2013/02/19
「ドラマ「北の国から」はキライ」


以前ビデオで借りてきた「北の国から」の感想を子供に聞いたら
貧乏臭いからキライだと言われました、そこをつくか

今日も貧乏臭い話ですが近所の住宅のリホーム工事での廃材で雨どいがあったので
これもついでに貰ってしまいました
まるで「ハゲタカ」です

こんどは五右衛門風呂比べてこれは簡単に済みそうだし少しは心に余裕をもって出来そう
風呂の補修工事など切迫した状態での素人大工は絶対に身体に悪いです
要は何事も早め早めに対策を立てたら良い訳ですが
しかし貧乏人はこんなもんでしょう

今のところは直した五右衛門風呂は快調で今まで煙道から排出していた
熱量をしっかりと炉内の回してから煙道に送るので無駄が少なくなったようです(煙突の温度が下がった)
昨日納品に行った嵐山のお店(ちはた)でこの五右衛門風呂の出来事を話したら
びっくりするぐらい受けました同じ日本の出来事なのに



Comments(0) | 工作時間



<< 前のページ    ホーム    次のページ >>
Design by basei,koe twi